スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Linux] GVim(Pythonサポート付)を、CentOS 6.2でソースからインストールしてみた

GVim(GUIで動く Vim)を Pythonサポート付でインストールしてみた。最初はシステムの Python使用を試みたが、GVimのインストールに失敗したため、Pythonも新たにソースからインストールした。

インストール先OS:CentOS 6.2

● Pythonをインストール。
前述のように、システムの Python使用では GVimがインストールできなかった(システムに「/usr/lib/python2.6/config」ディレクトリがなかったため)。そこで、新たに Pythonをソースからインストールした。インストールするバージョンは、今回はシステムの Pythonと同じ(2.6.6)にしておいた。

cd $HOME/Downloads
wget http://www.python.org/ftp/python/2.6.6/Python-2.6.6.tar.bz2
cd $HOME/src
tar xf $HOME/Downloads/Python-2.6.6.tar.bz2
cd Python-2.6.6
mkdir build
cd build
../configure --enable-shared
make
sudo make install
which python

pythonコマンドの場所は、以下のように表示された。

/usr/local/bin/python

さらに以下を実行。これをやっておかないと、後に GVimのインストーラがシステムの Pythonを見に行ってしまった。

sudo ln -s /usr/local/bin/python2.6 /usr/local/bin/python2


● GVimをインストール

cd $HOME/src
hg clone https://vim.googlecode.com/hg/ vim
cd vim
./configure CPPFLAGS=-I/usr/local/include/python2.6 LDFLAGS=-L/usr/local/lib/python2.6 --enable-pythoninterp --with-python-config-dir=/usr/local/lib/python2.6/config --enable-fontset --enable-multibyte --enable-gui=gnome2
make
sudo make install
vim --version

vimのバージョン情報は、以下のように表示された。「+python」となっていれば、Pythonサポート付でのビルドに成功。

VIM - Vi IMproved 7.3 (2010 Aug 15, compiled ...)
適用済パッチ: 1-843
Compiled by usrname@...
通常 版 with GTK2 GUI. 機能の一覧 有効(+)/無効(-)
-arabic +file_in_path -mouse_sgr +tag_binary
+autocmd +find_in_path -mouse_sysmouse +tag_old_static
+balloon_eval +float -mouse_urxvt -tag_any_white
+browse +folding +mouse_xterm -tcl
+builtin_terms -footer +multi_byte +terminfo
+byte_offset +fork() +multi_lang +termresponse
+cindent +gettext -mzscheme +textobjects
+clientserver -hangul_input +netbeans_intg +title
+clipboard +iconv +path_extra +toolbar
+cmdline_compl +insert_expand -perl +user_commands
+cmdline_hist +jumplist +persistent_undo +vertsplit
+cmdline_info -keymap +postscript +virtualedit
+comments -langmap +printer +visual
-conceal +libcall -profile +visualextra
+cryptv +linebreak +python +viminfo
-cscope +lispindent -python3 +vreplace
+cursorbind +listcmds +quickfix +wildignore
+cursorshape +localmap +reltime +wildmenu
+dialog_con_gui -lua -rightleft +windows
+diff +menu -ruby +writebackup
+digraphs +mksession +scrollbind +X11
+dnd +modify_fname +signs -xfontset
-ebcdic +mouse +smartindent +xim
-emacs_tags +mouseshape -sniff +xsmp_interact
+eval -mouse_dec +startuptime +xterm_clipboard
+ex_extra -mouse_gpm +statusline -xterm_save
+extra_search -mouse_jsbterm -sun_workshop
-farsi -mouse_netterm +syntax
システム vimrc: "$VIM/vimrc"
ユーザ vimrc: "$HOME/.vimrc"
ユーザ exrc: "$HOME/.exrc"
システム gvimrc: "$VIM/gvimrc"
ユーザ gvimrc: "$HOME/.gvimrc"
システムメニュー: "$VIMRUNTIME/menu.vim"
省略時の $VIM: "/usr/local/share/vim"
コンパイル: gcc -c -I. -Iproto -DHAVE_CONFIG_H -DFEAT_GUI_GTK -I/usr/include/gtk-2.0 -I/usr/lib64/gtk-2.0/include -I/usr/include/atk-1.0 -I/usr/include/cairo -I/usr/include/pango-1.0 -I/usr/include/glib-2.0 -I/usr/lib64/glib-2.0/include -I/usr/include/pixman-1 -I/usr/include/freetype2 -I/usr/include/libpng12 -I/usr/local/include/python2.6 -g -O2 -U_FORTIFY_SOURCE -D_FORTIFY_SOURCE=1
リンク: gcc -L/usr/local/lib/python2.6 -L/usr/local/lib -Wl,--as-needed -o vim -lgtk-x11-2.0 -lgdk-x11-2.0 -latk-1.0 -lgio-2.0 -lpangoft2-1.0 -lgdk_pixbuf-2.0 -lpangocairo-1.0 -lcairo -lpango-1.0 -lfreetype -lfontconfig -lgobject-2.0 -lgmodule-2.0 -lglib-2.0 -lSM -lICE -lXt -lX11 -lXdmcp -lSM -lICE -lm -ltinfo -lnsl -lselinux -L/usr/local/lib/python2.6/config -lpython2.6 -lpthread -ldl -lutil -lm -Xlinker -export-dynamic

あとは「gvim」と打ち込めば起動できる。GVim上で以下のコマンドを実行し、ステータスバーに「a」と表示されれば、Pythonサポート付のビルドに成功。

:python print "a"

スポンサーサイト
プロフィール

カネダック

Author:カネダック
 
普通のC++プログラマですが、業務で流体解析をやっていて格子職人と呼ばれています。
J.S.バッハ等、古楽をピリオド楽器による演奏で聴くのが好き。
リュート演奏にあこがれつつ、クラシックギターを弾きます。

保有資格
・中小企業診断士
・Oracle Master 8 Platinum(今のGold相当)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。