スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[CFD備忘録] CGNS Version 2.5-4 のインストール方法(Windows XP 32bit)

●関連記事

[CFD備忘録] CGNS Version 2.5-4 のインストール方法(Ubuntu 64bit)

[CFD備忘録] CGNS Version 3.0.8 のインストール方法(Windows XP 32bit)
[CFD備忘録] CGNS Version 3.0.8 のインストール方法(Ubuntu 64bit)

●インストールの(私の)方針

今回インストールするのは、安定バージョンの CGNS Version 2.5-4 である。
CGNSライブラリ(cgnslib)と CGNSツール(cgnstools)の両方をインストールすることにする。
Version 2.Xでは、自分のプログラムをビルドする時、ADF版かHDF5版か、どちらか一方のライブラリを選んでリンクすることになり、ビルドされた実行ファイルはADF専用またはHDF5専用となる。
ちなみに新バージョンのVersion 3.0では、ライブラリは一種類であり、プログラム実行時にADFとHDF5の使用を切り替えることができる。

今回は、自分のプログラムをビルドする時、ADF版とHDF5版のどちらのライブラリでも選べるように、それぞれのライブラリ(&ツール)を別ディレクトリにインストールすることにする。

インストール先ディレクトリは任意だが、今回は以下のディレクトリにインストールすることにする。
・Tcl/Tk         C:\Tcl
・HDF5          C:\hdf5
・CGNS 2.5-4(ADF版)   C:\cgns2a
・CGNS 2.5-4(HDF5版)  C:\cgns2h

●可視化

私の使用環境では、「Tecplot 360 2009」でADF版CGNSファイルを可視化できた。
HDF5版CGNSファイルは可視化できなかった。

●コンパイラ

「Microsoft Visual C++ 2010 Express」を使用した。

●Tcl/Tkのインストール(CGNSツールをインストールするなら必要)
入手先:http://www.activestate.com/activetcl
  Free Community Editionの最新バージョン「ActiveTcl8.5.9.1.294121-win32-ix86-threaded.exe」(バイナリディストリビューション)を入手した。

インストーラを実行し、設定はデフォルトのままインストールしたら、「C:\Tcl」にインストールされた。

●HDF5のインストール
入手先:http://www.hdfgroup.org/HDF5/
  「hdf5-1.8.5-patch1-win32.zip」(バイナリディストリビューション)を入手した。
  このバイナリディストリビューションには、szipもzlibも含まれているようだ。

Cドライブ直下に「hdf5」というディレクトリを作成。
インストールは、「hdf5-1.8.5-patch1-win32.zip」を「C:\hdf5」の下で解凍するだけ。
「C:\hdf5\bin」「C:\hdf5\bindll」「C:\hdf5\dll」にPATHを通す。

●CGNSライブラリ(ADF版)のコンパイル/インストール
入手先:http://cgns.sourceforge.net/download.html
  「cgnslib_2.5-4.tar.gz」(ソース)を入手した。
  「cgnstools-2-5-4.tar.gz」(ソース)を入手した(CGNSツールをインストールするなら必要)。

①「cgnslib_2.5-4.tar.gz」をCドライブ直下で解凍したら、「C:\cgnslib_2.5」の下に展開された。

②スタートメニューから「Visual Studio コマンド プロンプト (2010)」を起動し、以下を実行して、ADF版ライブラリをコンパイル。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
C:
cd C:\cgnslib_2.5
::configure.bat -help
configure.bat -install C:\cgns2a
nmake
------------------------------ (end) ----------------------------------------
「C:\cgnslib_2.5\WIN32\libcgns.lib が見つかりませんでした。」と表示されたが、「C:\cgnslib_2.5\WIN32」の下に「libcgns.lib」が生成されていれば、コンパイル成功。

③引き続き以下を実行して、ADF版ライブラリをインストール。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
nmake install
------------------------------ (end) ----------------------------------------
「C:\cgns2a」の下にヘッダとライブラリがコピーされれば、インストール成功。

●CGNSツール(ADF版)のコンパイル/インストール

①「cgnstools-2-5-4.tar.gz」を「C:\cgnslib_2.5」の下で解凍したら、「C:\cgnslib_2.5\cgnstools」の下に展開された。

②「Visual Studio コマンド プロンプト (2010)」で以下を実行して、ADF版ツールをコンパイル。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
C:
cd C:\cgnslib_2.5\cgnstools
::configure.bat -help
configure.bat -tcl C:\Tcl -cgns C:\cgnslib_2.5 -install C:\cgns2a\bin
nmake
------------------------------ (end) ----------------------------------------
エラーが発生せず、「C:\cgnslib_2.5\cgnstools\adfviewer」の下に「adfwish.exe」が生成されれば、コンパイル成功。
「adfwish.exe」と「adfviewer.bat」の両方とも起動できれば、作業成功。

③引き続き以下を実行して、ADF版ツールをインストール。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
nmake install
------------------------------ (end) ----------------------------------------
「C:\cgns2a\bin」の下にツールがコピーされれば、インストール成功。

●CGNSライブラリ(HDF5版)のコンパイル/インストール

①「Visual Studio コマンド プロンプト (2010)」で以下を実行して、ADF版ライブラリのmake結果を消去
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
C:
cd C:\cgnslib_2.5
nmake clean
del C:\cgnslib_2.5\WIN32\libcgns.lib
------------------------------ (end) ----------------------------------------

②引き続き以下を実行して、HDF5版ライブラリをコンパイル。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
::configure.bat -help
configure.bat -install C:\cgns2h -hdf5 C:\hdf5 -zlib C:\hdf5 -szip C:\hdf5\lib\libszip.lib
nmake
------------------------------ (end) ----------------------------------------
「C:\cgnslib_2.5\WIN32\libcgns.lib が見つかりませんでした。」と表示されたが、「C:\cgnslib_2.5\WIN32」の下に「libcgns.lib」が生成されていれば、コンパイル成功。

③引き続き以下を実行して、HDF5版ライブラリをインストール。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
nmake install
------------------------------ (end) ----------------------------------------
「C:\cgns2h」の下にヘッダとライブラリがコピーされれば、インストール成功。

●CGNSツール(HDF5版)のコンパイル/インストール

①「Visual Studio コマンド プロンプト (2010)」で以下を実行して、ADF版ツールのmake結果を消去
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
C:
cd C:\cgnslib_2.5\cgnstools
nmake clean
------------------------------ (end) ----------------------------------------

②引き続き以下を実行。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
::configure.bat -help
configure.bat -tcl C:\Tcl -cgns C:\cgnslib_2.5 -install C:\cgns2h\bin
------------------------------ (end) ----------------------------------------

③「C:\cgnslib_2.5\cgnstools\make.win」を以下のように修正する。

  エディタで「LDLIBS」を検索し、その行の前に2行追加する。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
LDLIBS = $(HDF5LIB) $(SZIPLIB) $(ZLIBLIB)
  ↓ 変更
HDF5LIB = C:\hdf5\dll\hdf5dll.lib
HDF5LIBS = C:\hdf5\dll\hdf5dll.lib
LDLIBS = $(HDF5LIB) $(SZIPLIB) $(ZLIBLIB)
------------------------------ (end) ----------------------------------------

④引き続き以下を実行して、HDF5版ツールをコンパイル。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
nmake
------------------------------ (end) ----------------------------------------
エラーが発生せず、「C:\cgnslib_2.5\cgnstools\adfviewer」の下に「adfwish.exe」が生成されれば、コンパイル成功。
「adfwish.exe」と「adfviewer.bat」の両方とも起動できれば、作業成功。

④引き続き以下を実行して、HDF5版ツールをインストール。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
nmake install
------------------------------ (end) ----------------------------------------
「C:\cgns2h\bin」の下にツールがコピーされれば、インストール成功。

●最終確認と後始末

①CGNSツールをインストールした場合は、コマンドプロンプトで以下を実行して、ADF版とHDF5版のadfviewerを起動。
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
C:\cgns2a\bin\adfviewer.bat
C:\cgns2h\bin\adfviewer.bat
------------------------------ (end) ----------------------------------------
起動できたら、「Helpメニュー」→「About...」を選択し、バージョンの2~3行目を確かめる。
2行目は、ADF版は「ADF Library Version E01」、HDF5版は「HDF5 Version 1.8.5」と表示された。
3行目は、両方とも「CGNS Library Version 2.54」と表示された。

②「C:\cgnslib_2.5」はディレクトリごと削除してよい。

●自作プログラムのコンパイル例

例えばfoo.cをコンパイルするとき、「Visual Studio コマンド プロンプト (2010)」で以下を実行(szipもzlibも使用しない例)。

ADF版:「foo_a.exe」という実行ファイルを作るには
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
cl -nologo -MT -Fefoo_a foo.c -IC:\cgns2a\include C:\cgns2a\lib\libcgns.lib
------------------------------ (end) ----------------------------------------

HDF5版:「foo_h.exe」という実行ファイルを作るには
----------------------------- (begin) ---------------------------------------
cl -nologo -MT -Fefoo_h foo.c -IC:\cgns2h\include C:\cgns2h\lib\libcgns.lib C:\hdf5\dll\hdf5dll.lib
------------------------------ (end) ----------------------------------------

●課題

・CGNS++のインストール
http://cgnspp.sourceforge.net/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カネダック

Author:カネダック
 
普通のC++プログラマですが、業務で流体解析をやっていて格子職人と呼ばれています。
J.S.バッハ等、古楽をピリオド楽器による演奏で聴くのが好き。
リュート演奏にあこがれつつ、クラシックギターを弾きます。

保有資格
・中小企業診断士
・Oracle Master 8 Platinum(今のGold相当)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。